2009年9月27日 早池峰山、単独

昨日、岩手山に登った後、網張り温泉にゆったり浸かったまでは良かったのだが、
温泉が効きすぎて仙台に帰る元気が無くなり、盛岡市内に宿泊したのでした
早く寝たせいか早朝に目が覚めてしまいました、こまま帰るのも何か物足りない
そこで性懲りもなく本日も、盛岡に近い山、早池峰山に行く事に
127285161186216124703_DSCF3621 [1]

小田越から登り、河原坊に下る最もオーソドックスなルート
河原の坊登山口駐車場(7:20)→小田越登山口(7:45)→早池峰山山頂(9:30)→河原の坊駐車場(11:30)

盛岡から早池峰山までは比較的近く、43号線から25号線へと快調に走る事が出来た、
25号線に入るととても細くて曲がりくねった道が続く
それでも7時頃には早池峰自然保護センターの前の河原坊の駐車場に到着した
127285129753516301432_DSCF3639
早池峰自然保護センター
河原の坊に車を駐車し、小田越登山口までは車道を歩いた、地図では平坦に見えたが実際はずっと登りだ、
左手に早池峰山を見ながらゆっくり登った
127285178242016203372_DSCF3592
小田越登山口
小田越登山口の前には小田越山荘があったので、トイレを借りに寄ってみると
数人の人が登山準備をしていた。これでも花の季節に比べれば空いている方かも知れない
127285177436916203372_DSCF3593
歩き始めは綺麗な木道だった
登山2日目のせいかスピードが出ない、、地元の若い登山グループに次々と追い抜かれた
127285176600516412457_DSCF3594
暫くすると大きな石の登りとなり、かなりハードな登りが続く
127285175639116203372_DSCF3596
上を見上げるとずっと岩の道が続いている
127285173687716204069_DSCF3600
それでも出発した小田越口は遥か下に、正面には薬師岳が見える
花が咲いていないせいか、思ったより険しい印象がした
127285172493916203372_DSCF3602
更に高度を上げた頃、薬師岳には雲がかかってきた
127285171213816124700_DSCF3603
早池峰山にも雲が覆われ始める、、大きな天気の崩れは無いはずだが山頂小屋まで急ぐ事に
127285170269316412637_DSCF3606
長い鉄の梯子、実際に登るとかなり高度感を感じる
127285169432116124530_DSCF3609
頂上付近も花の保護のための木道が続いていた
是非花の咲く時期に来て見たい
127285168495916301875_DSCF3610
頂上小屋が見え始めた
127285167509616124703_DSCF3615
頂上に到着、ここでもやはり信仰の山を思わせる
127285163678616332700_DSCF3619
標高1917mの山頂から雲上に突き出た岩手山や秋田駒ケ岳、鳥海山などの東北の高山を見ることが出来た
頂上では素晴らしい景色に、思わず歓声を上げる人が多い
127285161186216124703_DSCF3621 [1]
素晴らしい景色を楽しむ登山者たち
127285158400316412007_DSCF3624
昨日登った岩手山を前に記念写真を撮ってもらった
127285157075016203372_DSCF3626
今は紅葉の時期、花の姿は殆ど見られないのが残念だ
127285155696116124700_DSCF3627
この季節の早池峰山の印象は岩の山

早池峰ウスユキソウなどの固有種を育てたと言われる蛇紋岩がどれなのか分からないが、
少し赤味を帯びた石と急速に固まった様な堅そうな岩が目立つ
127285154695316124626_DSCF3628
下山し始めると途中から綺麗な紅葉が見られる
127285152722016412637_DSCF3629
途中、こんなに大きな一枚岩があった
雨が降ったらロープを使わないと滑って危ないだろう
127285151468116204256_DSCF3632
振り返るとこんな感じの谷となっている
127285134018216301432_DSCF3633
かなり下ったところで湧水が、、とても美味しかった
127285132518716203372_DSCF3635
とりかぶとが咲いていた
127285150231916203209_DSCF3638
無事河原の坊に到着、ゆっくり仙台まで戻った

早池峰山は人も少なくゆったり登れたし、頂上からの展望が素晴らしかったのが印象的だった
それに地元の人が山を守る活動をしていて、アンケートを求められたり、携帯トイレなどの推奨など
とても大切にされている事が分る
きっと花の咲く夏には沢山の人が訪れるのだろう

2日間続けて岩手の名峰に登る事になったが、何れも素晴らしい山だ
帰りに花巻あたりの道端で売っているリンゴを買って帰った
岩手の山々と甘いリンゴ、両方とも忘れられない味わいだった