桑沼スキーハイキング

2010年3月7日 桑沼スキーハイキング 単独

DSCF4128 [1]
あっという間に3月に入り、異常なほど気温が高いのが気になります。今週、2月の雪崩れ講習会でご一緒だった八幡平のガイドさんのペンションに行こうと考えてたのですが、生憎の天気予報なので1週間ずらして来週出かける事にしました。そのペンションはノルハイムと言います、行ったら又レポートします

予報通り、昨日の仙台は気温が高く大雨、でも今朝起きてみると曇りで無風なので迷わずスプリングバレースキー場に出かけました、朝からテレマークの練習をして天気が持てば桑沼まで行ってみるつもりです

DSCF4106 [1]
いつもの道でスキー場に向かう途中、泉ヶ岳が見えてきました

今日はどんよりして暗いです
DSCF4108
昨日の雨で雪はかなり重い
スキーの練習もそこそこにしてザックを背負って出発することにしました

11:20スプリングバレーのコース脇から林道に入ります。林道だから迷うことは無く、地図で見るとかなり近いのですが
雪道のハイクは時間がかかるので片道2時間程度として、3時までに戻るつもりで歩き始めました
DSCF4109
道には動物の足跡が沢山ついています
きっと動物だって歩きやすい林道を通っているのですね
DSCF4110
途中、沢を横切りました、雪解けの軽やかな水音だけが聞こえてきます
DSCF4112
暫くすると北泉ヶ岳が正面に見えてきたところで、ご夫婦が降りてきました
桑沼からの帰りとの事。。。楽しそうに何やら話しながら降りていきました
DSCF4115
東の方角を向くと、ずっと奥の方に大森山(笹倉山)が見えました、そのずっと先には海が見えています
DSCF4118
静かな林道を黙々と歩いていたらスノーシューの二人組とスライドしました
挨拶すると大きな声で返事が返ってきます。。この辺は人が少ないから出会うと嬉しいものですね
DSCF4119
途中でトレースが林道から逸れて左に曲がっています
地図で桑沼へのシュートカットと判明、、迷わず左に曲がって林間に入ります
DSCF4120
林の中を暫く行くと広場に出ました、ところどころに赤テープが付いていて迷うことはありませんが
一応、時々コンパスで方向を確認しながら進みます
DSCF4123
林の中の坂を下ると前に桑沼が見えてきました
桑沼の中央部に出てきたようです
DSCF4125
沼のほとりに降りてみると、沼は完全に凍っていて表面が薄青色で美しい景色です
DSCF4128 [1]
お腹が空いてきたので、ここでお昼休憩しました
DSCF4130
休んでいると、向こう岸に人の姿が
DSCF4131
反対側、こちらが夏の入り口方向です
DSCF4137
さっき見えた向こう岸の人たちが近づいてきたのでご挨拶しました
ご夫婦でスノーシューツアー、いいですね~
写真を撮ってもらいました
何しろ雪の中で1人だと自分の写真が撮れないので困ります
DSCF4139
最後に沼の写真を撮って引き返す事に
DSCF4140
帰りは自分のトレースを辿るだけなので楽ちんです
DSCF4143
帰りは途中からスキーで滑って来たので大分時間が短縮出来ました
でも重い雪に足を取られて踏ん張ってきたのでスキー場に着くころにはモモがパンパン
予定よりちょっと早い2:20頃到着です
DSCF4144
帰り道で何時も寄るラーメン屋さんで味噌ラーメンを食べて帰りました
仙台のラーメン屋さんはご飯がサービスで付いてくる店が多く、とてもリーズナブルです

今日のハイクは重い雪で筋肉痛になりそうですが
常々、四季折々の桑沼を見てみたいと思っていましたが
初めて雪の桑沼が見れたので大満足なハイクとなりました

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

八幡平Safety Camp

次の記事

今年の雪の出勤風景