2012年3月17-18日 万座温泉&草津白根山(BCスキー)

133345872635313116876_DSCF7853-13 [1]
草津白根山の湯釜

だいぶ時間が経ってしまったが、
今年のバックカントリー第2弾となる草津白根山の話を書いておこう
まだまだ寒い日々が続いている中、白濁の温泉にゆっくり浸かりたくて
万座温泉に泊まって翌日草津白根山へと向かったのだった

宿泊した宿は、万座温泉の湯の花旅館
万座ハイウエーをゆっくり登って行くと、湯の花旅館は万座温泉の最奥部にあった
到着してみると、目の前は万座温泉スキー場の朝日山ゲレンデが広がっていたのだが
残念ながら、このゲレンデは今年から閉鎖されているという

昨年まではこの時期スキー客で一杯だったというが、泊まり客も少ない
ちょっと心配になったが、宿のご主人は明るくてとても親切にしてくれた
温泉は硫黄の匂いが強く、雪に囲まれた露天風呂は最高だった

133345857239713228256_DSCF7835-5
翌日、天候は曇り

誰もいないゲレンデをゆっくり登り始めた
133345854312613228060_DSCF7831-4
途中ピットチェックを行った
コンプレッションテストでは弱層は観察されず問題ない
しかし、最近では好天と雨天が繰り返されていたから更に上部では注意が必要と思われる

133345860056613116876_DSC_9014-1
それにしても人が少なくて静かな山である
133345864800113228246_DSC_9016-2
和やかに、のんびり登る
133345861469413228256_DSCF7841-7
上部に出ると荒涼としたカルデラ状の台地となった
133345866205613116391_DSCF7845-8
ここが草津白根山の頂上だろうか
133345869882413116876_IMG_0329-11
雲で覆われたり晴れたりする中、ちょっと一休み
133345872635313116876_DSCF7853-13 [1]
この後、湯釜を見学

少し白っぽいエメラルドグリーンが美しかった
133345874166613228061_DSC_9051-3
この辺りはガスが発生しているので早々に退避する

下山する頃、霧が発生してホワイトアウトとなった
とても雰囲気の良い山だから、今度は天気の良い日に草津側まで縦走してみたいと思う