2012年7月30日-8月3日 槍ヶ岳~穂高岳テント縦走(槍ヶ岳~南岳 天空の旅編)

134442825313413115150_DSCF8749-181 [1]
南岳側から望む北穂高岳、前穂高岳

槍ヶ岳登頂を果たした後、天空の稜線を南岳まで進むと
キレット上部の登山道が北穂小屋まで続いているのが確認できた

<今回のルートと時間>
7月30日(月) : 直通バス・新宿発(7:30)=上高地バスターミナル着(12:00/12:50)→徳澤(14:35/14:50)→横尾テン場(15:50)
7月31日(火) : 横尾(5:00)→槍沢ロッジ(6:40)→ババ平(7:30)→大曲(7:15)→天狗原分岐(9:10)→幡竜上人洞窟(10:50)→殺生ヒュッテ分岐(11:15)→槍ヶ岳山荘テン場(12:30)←→ 槍ヶ岳頂上往復
8月1日(水) : 槍ヶ岳山荘(5:15)→大喰岳→中岳(6:15)→南岳(7:55)→南岳小屋(8:30)→大キレット入口(8:45)→長谷川ピーク(10:15)→北穂高小屋(12:15/13:20)→北穂高岳(13:25)→最低コル→涸沢岳(16:10)→穂高岳山荘テン場(16:40)
8月2日(木) : 穂高岳山荘テン場(5:15)→奥穂高岳(6:00)→吊尾根→紀美子平(7:35/8:45)→前穂高岳(8:15/8:40)→紀美子平(9:00)→岳沢小屋(11:30/12:30)→上高地温泉ホテル入浴(14:30/15:20)→上高地テン場(16:00)
8月3日(金) : 上高地テン場~周辺散策~直通バス・上高地バスターミナル発(14:00)=新宿着(19:00)

****  <2日目の続き> 槍ヶ岳登頂   ****

まずはねぐらを確保しなければ落ち着かない
初めて槍ヶ岳の肩にテントを張るのだから
崖っぷちの一角を確保させて貰った
134442906909413104333_DSCF8655-102
大喰岳側のテント場にテントを張った
寝返りを打ったら崖に転落しそうだ
天気が良いのでシュラフも干した
134442905912813117529_DSCF8657-104
テントの正面には笠ヶ岳が見える
134442902487413117529_DSCF8661-108
テント直下に咲いていたイワギキョウとミヤマダイコンソウ
134451280868913208110_DSCF8683-130
優雅な姿が美しいミヤマオダマキ
134442904503513104332_DSCF8658-105
槍の穂には沢山の人が取り付いている

あんまり沢山の人だったので登るのを躊躇してしまった
待っている間、小屋で生ビールと牛丼で祝杯を上げた
最高の景色を前に飲むビール、至福のひと時だった
長い時間、ぼーっとのんびり過ごした

15時半頃になると空いてきたので山頂へと向うことにする
いよいよ登頂の時が来た
登り始めれば20分もかからず頂上に到着
134442899882813117529_DSCF8664-111
頂上から見た肩の小屋
134442898727613222407_DSCF8665-112
明日歩く槍ヶ岳から穂高岳までの道程が見通せる
随分遠いなぁ~
134442897383013104331_DSCF8666-113
西鎌尾根の向うには黒部五郎岳や薬師岳が見えた
134442896255213222390_DSCF8667-114
東鎌尾根と常念岳、表銀座の山々
134442894461713115150_DSCF8669-116
頂上での記念写真

昔来た時、この祠は逆の端にあった様な気がするのだが?
曖昧な記憶だから確かめようもない
134442892055213122544_DSCF8674-121
崖っぷちにあるテント場の様子
134442888827013222492_DSCF8677-124
険しく荒々しい穂高岳連邦
134442889900413222411_DSCF8676-123
ズームすると北穂上部に北穂高山荘が見えた
134442886477413222390_DSCF8679-126
黒部五郎岳のカールも見える
一面に咲いていたお花畑と美味しい水が偲ばれる
134442885358813221870_DSCF8680-127
こちらは北鎌尾根

槍沢を登ってくる途中にすれ違ったヘルメットのグループは
昨日北鎌尾根を登攀中、時間切れでビバークしたと言っていた
昨夜は最低気温10℃と比較的高めだったが、それでもかなり寒かったそうだ

頂上は空いていたので
気が付くと登ってきてから既に1時間程経っていた
40年ぶりの登頂は素晴らしく感動的だった
疲れた足だから、肩の小屋へゆっくり慎重に下山を始めた
134442881442113123384_DSCF8688-132
夕暮れ時の日本海側
夕焼けを期待したが残念ながら雲はあまり赤くならなかった
134442878645313122544_DSCF8695-134
反対側には満月が
この満月のために夜は明るかった
おかげで満天の星空が良く見えなかったのが残念だ

それでも、素晴らしい晴天と
穏やかな稜線上の一夜を過ごせた事に感謝しなければならない

明日は長丁場だから朝は早い
夕食もそこそこに寝る事にした

****  <3日目> 槍ヶ岳~南岳、キレット入口へ  ****

翌日の早朝目覚めると快晴の空が広がっていた
134442875877913222492_DSCF8698-137
4時半頃 東の空に朝日が昇り始める
134442871896213221870_DSCF8706-140
雲海の上に浮かぶ未明の富士と八ヶ岳、南アの山々
134442866678513222492_DSCF8710-144
赤く燃えた太陽が昇った
134442873532713222407_DSCF8705-139
朝日に染まる大喰岳
134442869399413123384_DSCF8708-142
西の空には笠ヶ岳の影が映っている

やがて朝日を受けて全ての山々が最も美しく輝く瞬間
いつ見ても感動する時間帯だ
134442861421813222390_DSCF8715-149
輝きだしたヒュッテ大槍
134442859995313221873_DSCF8716-150
今度は笠ヶ岳に槍ヶ岳のシルエットが映った
134442855497813123314_DSCF8720-154
双六、黒部五郎方面 明暗のコントラストが美しい

素晴らしい朝の景色に見惚れながら朝食を食べる
テントを撤収すれば もう出発の時間だった
5時過ぎ、ゆっくりと大喰岳へと歩を進め始めた
134442858612713221632_DSCF8718-152
大喰岳を過ぎた辺りで槍を振り返る
134442857191813222411_DSCF8719-153
もう閑散とし始めた槍ヶ岳のテント場
134442851184513221504_DSCF8724-158
前方の中岳の向うには穂高連邦が控えている
134442849817713221632_DSCF8727-160
雷鳥の親子
中央に小鳥、左上に親鳥が写っている
可愛らしい姿に思わず足を止められる

周りには朝日に照らされた美しい花が咲いている
134442847045713115188_DSCF8730-162
イワギキョウ
134442845673913221504_DSCF8731-163
ヨツバシオガマ
134442844314413222407_DSCF8732-164
ハクサンイチゲ
134442842787813128318_DSCF8733-165
シナノキンバイ
134442841061013221870_DSCF8734-166
出発1時間後、中岳頂上に到着
134442837956413221873_DSCF8736-168
常念岳のシルエットが美しい
134442833505313116609_DSCF8740-172
南岳への稜線上からは常に槍ヶ岳が見えていて飽きることはない
134442828479713221504_DSCF8744-176
コケモモ
134442824034313221466_DSCF8751-183
シナノキンバイ
134442822749913128318_DSCF8752-184
イワカガミ
134442821593813221504_DSCF8753-185
アオノツガザクラ
134442816258813128318_DSCF8754-186
チングルマ
134442834860813221870_DSCF8739-171
ミヤマリンドウ

美しい高山植物を眺めながら天空の稜線を歩いていたら
何時の間にか南岳に到着していた
134442826488413128318_DSCF8746-178
南岳より南岳小屋と穂高を望む
134442814798713115150_DSCF8755-187
南岳小屋では盛んに布団を干す作業が行われていた
134442813575113221403_DSCF8756-188
キレット全景
134442825313413115150_DSCF8749-181 [1]
キレット上部より北穂側をズームすると
キレット反対側上部には
本当に登れるのかと思われるほど急峻な
険しい登山道が続いていた

2日目に槍ヶ岳登頂を果たし
3日目は南岳までの3000m峰の連なる天空の旅をのんびり楽しんだ
いよいよ核心部キレットへと突入するとき
聳え立つ穂高連邦を目の前に、改めて気持ちを引き締めた

槍ヶ岳~穂高岳テント縦走 その1(横尾~槍ヶ岳肩の小屋編)に戻る
槍ヶ岳~穂高岳テント縦走 その3(キレット~穂高岳編) へ進む
槍ヶ岳~穂高岳テント縦走 その4(奥穂高山荘~岳沢経由上高地編) へ進む