春の風薫る曽我の丘陵を歩く

2016年2月11日 春の風薫る曽我の丘陵を歩く

23-DSCF7061-59

曽我の丘陵に咲く梅の花と富士山

昨年歩いた曽我丘陵が素晴らしかったので、今年も同じ日に細君と曽我丘陵を散策してきた。
前回はJR東海道線の国府津駅から歩き始め、菅原神社の脇から曽我丘陵に入って六本松跡を経由していこいの村までのロングコースを歩いたが、今回は高山を過ぎた辺りを左に折れ、満開の曽我梅林でちょうどこの日に開催されていた流鏑馬の神事を見学した。
この時期の曽我丘陵のミカン畑にはまだ沢山のミカンが重たい実をつけていて最後の収穫を待っている。その畑の周りには菜の花や山桜、そして何といっても満開の梅が咲き乱れていて、時折吹く冷たい風の中にも花の香が漂ってくる。更に花の向こうには、朝日に輝く太平洋や白く輝く富士山を眺める事もできる。こんな素晴らしい桃源郷を散策できるのはこの時期ならではの小さな楽しみの一つと言えるだろう。

流鏑馬を見るのは初めての経験だったが、疾走する馬の迫力とその馬を繰りながら矢継ぎ早に射る射手の巧みさを目前に見てすっかり感動してしまった。梅林の美しさもさることながらお祭りの様な屋台が立ち並ぶ道を散策するのも楽しかった。

国府津駅を9時ころ出発して線路沿いの小道を西に向かい、途中のトンネルを通って線路の北側へ抜けると曽我丘陵の入り口に辿り着く。
町のHPには菅原神社からの道が紹介されていたが、神社にお参りしないのであればこの道が最短で便利だ。
01-DSCF7002-1六本松跡への標識

03-DSCF7006-5暫く急坂を登るとすぐに海が見え始めた

02-DSCF7004-3そして西側には小田原の町と箱根や富士山が見え始めた

05-DSCF7011-10更に雑木林の道を進む

06-DSCF7012-11南側に開けた場所に出ると、朝日に輝く相模湾と沖には薄っすらと大島の影が見えた
天気がいいので沖には沢山の船が出ている

07-DSCF7013-12高度が増すと左に相模湾、右端に富士山が一緒に見えるようになる

08-DSCF7016-15途中、山桜の大木に出会った
時期的にはかなり早咲きだがピンクの花が綺麗なので写真を撮ってもらった

09-DSCF7019-17山桜のピンクが青空に映える

10-DSCF7021-19ミカン畑の北側には大山や丹沢山塊が綺麗に並んで見えた

11-DSCF7022-20途中、農家の人が採れたばかりのミカンを売っていた
一袋100円で色々な種類のミカンやポンカン、レモンなどが並んでいたので、種類の違うミカンを2袋買ってリュックに入れた

13-DSCF7024-22まだ収穫前のミカン

14-DSCF7027-25畑のふちに咲いていた菜の花

16-DSCF7031-29高山への分岐に差し掛かると眼下に小田原の町が見えた

17-DSCF7035-33小田原湾の向こうには真鶴半島や伊豆半島が綺麗に見える
高山を過ぎると梅の畑が多くなってきた
18-DSCF7039-37ミカンと梅と富士山が一緒に並ぶ

19-DSCF7045-43上品な白い梅の花は美しく空色に映える

20-DSCF7047-45こちらは枝垂れ梅の花

21-DSCF7049-47枝垂れ梅の木

22-DSCF7052-50六本松跡へは行かず途中を左に折れて曽我梅林方面に下り始める

23-DSCF7061-59梅の木の向こうには富士山が見える素晴らしい下山道である

24-DSCF7063-61梅の木の間から富士山を覗いてみた

25-DSCF7071-69どんどん増える梅の木、まるで桃源郷を歩いている様だ

26-DSCF7073-71眼下に広がる曽我の梅林に圧倒される

29-DSCF7077-75梅林の中を進むと梅まつりで人がごった返していた
屋台の中を歩いた

27-DSCF7074-72かなり年季が入った梅の木

30-DSCF7082-80こちらは枝垂れ梅
梅林の西側に設置された流鏑馬の会場の一角に座ってお昼を食べながら待つっていると
12時過ぎから神事が始まった
31-DSCF7083-81神主さんを先頭に行列が進む

32-DSCF7086-84

33-DSCF7094-92やがて流鏑馬の馬がやってきた

34-DSCF7095-93今回は女性の射手が3人含まれていた
35-DSCF7101-99次々と矢を射る勇壮な射手の姿

37-DSCF7105-103これは女性の射手

38-DSCF7110-108木の的を射た時の「パン」という音に驚かされた

このルートに毎年訪れるリピーターも多い様だがまったくもって頷ける魅力がある道だ。
苦しく困難な登山もやり遂げれば達成感で幸せになれるが、時には小春日和の中こんな桃源郷を散策するのも良いものである。

Follow me!

春の風薫る曽我の丘陵を歩く” に対して2件のコメントがあります。

  1. 宮田孝義 より:

    青い空に紅梅、白梅、黄色いみかんそして白い富士、いい風景です。
    素晴らしい写真に誘われて、私も来週に行ってみようと思っています。

    1. alpinist-aki より:

      宮田さん、おはようございます。

      そうなんですよね、曽我丘陵と梅林は春が来ている事を感じさせてくれる要素がつまっていて、毎年この時期になると歩いてみたくなります。
      宮田さんも是非歩いていただき、今度お会いした時にでも聞かせて貰えると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください