2009年10月24-25日 ブナの紅葉が美しい船形山、同行者S脇君

128202471179616126346_DSCF3825 [1]
船形山山頂の夕焼け

今月始めの安達太良山の紅葉も良かったが、もう一度東北の紅葉を見たいと思いS脇君を誘って船形山に登ってきた
船形山には去年の夏に登った時には日帰りだったが、せっかくS脇君が来るという事で今回は上でゆっくりしようと避難小屋泊にしたのだった
今回のコースはちょっと変則的だが、旗坂キャンプ場から升沢コースを辿り三光の宮からいったん大滝キャンプ場に下って色麻コースで頂上へ、
帰路は蛇ヶ岳経由三光の宮、旗坂キャンプ場へと戻る周回コースとした
紅葉真っ盛りの静かなブナ林を歩き、夕方には月山側に沈む夕日と真っ赤に染まる夕焼けが見られた
そして小屋では地元の山岳会の人々との交流が出来、満足度100%の山行となった

今回のコースと時間
10月24日:旗坂キャンプ場(10:45)-三光の宮(12:40)-大滝キャンプ場(13:20)-鈴沼(14:00)-小野田コース分岐(15:00)-山頂(16:00)
10月25日:山頂(7:30)-蛇ヶ岳分岐(8:40)-旗坂キャンプ場(11:30)~車~桑沼 散策

今日は山頂泊なので朝はゆっくり出かけ、登山口の旗坂キャンプ場には10時半頃到着した
キャンプ場の周辺のブナ林も既に黄色や赤に色づいて何とも美しい
128202485957416232550_DSCF3784
駐車場の一番奥のスペースに車を駐車して早速出かける準備に取り掛かった。。
128202485136216119722_DSCF3785
船形山登山口
128202484365116229277_DSCF3789
一群平付近
ブナ林の紅葉の道を歩くのはとても気持ち良く癒される
道は沢山の枯葉で覆われていて歩くだびにカサカサと音がする
何故かいつもの様に一生懸命歩こうと言う気にならず
二人ともこのブナ林をとてもゆっくり歩いた
128202483518816311926_DSCF3793
三光の宮にて
128202482738716311926_DSCF3794

128202481932516200342_DSCF3796
ここで升沢コースを右に折れて大滝キャンプ場に向かった
128202481063716125846_DSCF3797
途中の沢を渡る
128202480033316316595_DSCF3798
色麻からの登山道に出た
128202606973416312896_IMGP0527
大滝キャンプ場にある「人命水」
船形山は古くから水神を祀る霊山として地元の人々に親しまれてきたというだけあって、
いままで飲んだことの無いほど美味しく感じられた
この水は最高だ!
128202479142616126346_DSCF3799
鈴沼に立ち寄る
128202478403716316427_DSCF3804
誰もいない静かな沼
128202477721216316427_DSCF3810
前船形山
小野田コースの分岐を過ぎる辺りになると右側に前船形山が見えてくる
このあとかなりの急登を強いられたが、相変わらずゆっくりと景色を楽しみながら登り続けた
128202477064116125679_DSCF3812
稜線に出ると、正面に月山が見える
128202476396916127586_DSCF3813
月山は、こちら側から見ると随分大きくて丸い
128202475733416318153_DSCF3815
北側の遠くに見えるのは、、鳥海山?
128202475015416227599_DSCF3816
船形山頂上に到着
128202472525216125679_DSCF3821
ケルンと雲海
128202474167416125846_DSCF3818
早速、避難小屋に入る・・・・
128202473416716313125_DSCF3819
1階の階段下のストーブの目の前のスペースを空けて貰い早速食事の支度をした
小屋の中に入ると既に大勢の人が入っていて、薪ストーブが赤々と燃えていて暖かい
話を聞くと、地元の山岳会の人たちが薪を下から持ち上げたのだそうだ
10月とは言えかなり気温は下がっていたのでとてもありがたかった
外は夕暮れ時、夕日を見ようと寒い外に出てみる
128202471840416316427_DSCF3823
西は、上空の雲と雲海の間に青空が見える
奇妙な雲行きだったが、この後、素晴らしい夕焼けが見られた
128202470469316125679_DSCF3826

128202471179616126346_DSCF3825 [1]

128202469728616127586_DSCF3829

128202469004716232550_DSCF3830
西に沈む夕日と夕焼けは、見ていた人たち全員を感動させるに十分なほど綺麗だった
夜は1階で居合わせた仙台の2つの山岳会の人たちと時折話を交わしながら酒を飲んだ
ストーブで温められていたスープは、途中で採ったキノコのスープだそうだ
そのほか下から運び上げた刺身などなど、色々な食材のお裾分けを頂いたが
どれもビックリするほど美味しいものばかりだった
地元の自然の食材を地元の山で味わって楽しむ、、こんな山行は理想的に思える
何故かとても羨ましい感じがして、自分も地元の山岳会に入りたくなった

次の日起きてみると外は霧で真っ白だった
隣にいた山岳会の単独行の女性は、早朝に起きて泉ヶ岳まで縦走して下山すると聞いて驚く
我々はこのまま下山するだけだからとノンビリ朝食を食べてから出発する
ノンビリしている間に少し明るくなってきた
128202466721016119722_DSCF3838
朝の避難小屋
128202465949216318144_DSCF3840
帰りのコースを確認するS脇君
128202464522216232112_DSCF3844
途中、だんだん青空が出てきた
128202463861616314753_DSCF3848
池唐
128202462524416316595_DSCF3851
途中で休憩
128202461768616119722_DSCF3856
山の上には大好きな青空が見えた
128202461026416316595_DSCF3858
枯葉の道を疾走するS脇君
128202460208916119722_DSCF3860
私も後に続く
128202458657116232112_DSCF3865
この辺の枯葉はすごく美しい

お昼前には旗坂キャンプ場に着いてしまった
せっかくだから、S脇君に自分の好きな桑沼を案内する事にする
128202457011816312896_DSCF3876
こちらも紅葉が綺麗だ
128202456225116232550_DSCF3879

128202455457916312896_DSCF3884
紅葉の時期なのに人は少なく静かな湖畔だ
128202454789416316595_DSCF3885

128202453989816228177_DSCF3887

128202453339516227599_DSCF3890

128202452395516125849_DSCF3899

128202451689016313125_DSCF3900

128202451041116125679_DSCF3901
ここにも美味しい湧水がある
128202450373116227599_DSCF3902
帰り道にあるスプリングバレースキー場はお花畑になっていた
128202449781016125846_DSCF3904
ここには沢山の人が遊んでいる、ここは冬も夏も仙台の憩いの場所なのだ
128202448790616313125_DSCF3906
北仙台の居酒屋
最後は北仙台の駅前の居酒屋で、船形山の話題で盛り上がった
今回の様にゆっくり登って山頂で泊まる山行をすると、本当の山の良さが分るものだ
船形山は何もかもが綺麗だったし、出会った人々も素晴らしかった
東北の誇る素晴らしい山だと思った