2009年7月20日 宮城蔵王 烏帽子岳、単独

前烏帽子岳頂上にて
126879888992516319864_DSCF2699 [1]

3連休の2日間は嵐の鳥海山山麓で停滞を余儀なくされたので最終日位は何処かに登りたいと思い、
前から登りたいと思っていた烏帽子岳に行く事にした
仙台の自宅を6時に出発、1時間もすると烏帽子スキー場の手前にある登山口に到着した
まだ登山口の駐車スペースには車が1台も止まっていない。幸い天気も良く今日こそ登山日和だ
126879860343016217817_DSCF2688
登山口の標識の下には「熊がいます」との注意書きが
思わず、昨年泉ヶ岳で遭遇した熊の親子の姿を思い出してしまった
熊鈴はつけているが、朝一で誰も入っていない様子だし、単独行としては不安を感じてしまう
126879859412116316521_DSCF2690
濃い緑、朝の涼風、、こんな登山道はとても気持ちがいい、、
126879858695616118619_DSCF2691
暫く登ると、、、時折、大きな石が出現し始めた、、
126879857639716319678_DSCF2693
登り始めて約1時間ほどで前烏帽子岳への分岐にさしかかる
126879856786916121586_DSCF2694
今日は天気も上々、下界も良く見える、景色に誘われてしばし休憩
126879855958216217817_DSCF2695
約2時間ほどで前烏帽子岳に到着した
126879855133316319678_DSCF2697
正面には、どっしりとした屏風岳の壁がそびえていた、、いつ見ても気持ちがいい山々だ
126879854265416417124_DSCF2698

126879888992516319864_DSCF2699 [1]
誰もいない前烏帽子の大石の上で暫く南蔵王連峰の峰々を眺めていた
126879852429616121586_DSCF2705
後烏帽子岳に向かう稜線は木々に覆われてあまり展望がない
この辺りで、横の藪から突然大きな物音がしてドキッとさせられた、思わず止まって後ずさりしてしまう
だが直ぐに正体が分った、、私の足音に驚いた山鳩が藪から飛び立ったのだ。
熊でなくて良かった!!
126879850133316121586_DSCF2708
途中、スキー場への分岐を過ぎて暫くすると後烏帽子岳に着いた
126879849423416120922_DSCF2709
石とハイマツの頂上
126879848758816119063_DSCF2714
下からモクモクと雲が湧いてきてあっという間に周囲の山が見えなくなってきた
早々に、引き上げる事にする
126879848149216316521_DSCF2716
下りは早いもので、ほどなく烏帽子スキー場のゲレンデ上部にでたら、さっと視界が開ける
126879847477016417124_DSCF2717
スキー場の標識、2月に滑った時に写真を撮った場所だ
季節が変わると、まったく違う景色に見える
きっと標識が無かったら気がつかないだろう
126879845991916217778_DSCF2719
しばらくゲレンデを下った、、、雲行きが怪しくなってきている
126879845205716316521_DSCF2721
途中から千年杉コースの立て札が、でも杉の林は暗くゲレンデを下った方が良かったかも
126879844378816416750_DSCF2723
手のひらほどもある大きなゆりの花、ほのかな香りに暫くうっとりしてしまう
126879843401116316158_DSCF2724
駐車場に着くと何台かの車が止まっていた、
結局誰とも出会わなかったが、今頃は山の中も少しは賑やかになっているかも知れない
常に登りたいと思っていた烏帽子岳だが、初夏の緑と涼風の中を歩けて満足だった
例によって、帰りは遠刈田温泉で汗を流した後、温泉近くの蕎麦屋で鴨蕎麦を食べて帰ろう