2009年8月15日-16日 鳥海山 鉾立ルート(後編)、単独

126948777076716406302_DSCF3124 [1]

今回のコースと時刻
8月15日:鉾立登山口(9:50)→賽の河原(10:50)→御浜小屋(11:30)→七五三掛(しめかけ)(12:20)→外輪山コース→七高山(14:00)→御室小屋(14:30)泊←→頂上往復
8月16日:御室小屋(6:00)→千蛇谷コース→七五三掛→御浜小屋(7:30)→賽の河原→鉾立登山口(8:30) 車で、→矢島口(9:30)→フォレスト鳥海(10:00)で入浴→108号線で仙台へ

<2日目>
今回の最大の目的の一つである影鳥海を見る為、早朝4時半頃から起きて外に出た
夏と言っても標高2000mもあるのだからとても寒く、沢山着こんで日の出を待つ
126948786399116406619_DSCF3100
やったー!!!  海に鳥海山の影が映ったのだ
126948787349816101834_DSCF3098
そこに居合わせた人たちが交替で、お互いの記念写真を撮りあった
126948785238516327298_DSCF3104
期待の影鳥海が見れたので満足し、朝食もそこそこに帰路に着くことにする
126948784322216101596_DSCF3106
どんどん日が高くなる中、影を追いかけるように千蛇谷への急坂を下った
126948783529316101834_DSCF3107
今日もいい天気だ、雄大な景色の中を行く
126948782635316101596_DSCF3112
千蛇谷の雪渓を渡り、七五三掛に登り返して昨日の尾根筋へ向かう
126948781666716325441_DSCF3115

126948780681516327298_DSCF3117
尾根にあがると、昨日のお花畑が出迎えてくれた
126948779703916327485_DSCF3120
御浜に向かう途中で出くわしたカップル
日傘の女性はフリルのスカートとスニーカーで登っていた、すれ違って暫くして、あれー何か変!だと気づく
126948778809616226800_DSCF3121
雲海の上に山が見えた
126948777848216406619_DSCF3122
遠くに風車の列が並ぶ
126948777076716406302_DSCF3124 [1]
あっという間に御浜小屋に到着、鳥海湖は昨日より濃い藍色で神秘的だった
126948773249716228146_DSCF3129
下りは早い、ここまで来れば、もう一歩だ
126948766654916228146_DSCF3134

126948765400416325441_DSCF3137
ほどなく鉾立の駐車場が見えた
わずか2時間半で降りてきてしまった
まだ8時半だ、時間が早いので先月行って良かった矢島側にあるフォレスト鳥海の温泉に浸かって帰る事に
126948764204216406375_DSCF3140
鳥海の東側にある原生林は素晴らしい
126948762792716129832_DSCF3141
森林浴にはこちら側がベストだ、何時かこの辺も歩いてみたい
126948761555916406375_DSCF3143
東側から見た鳥海山
126948759822116327298_DSCF3144
肌がツルツルになる、フォレスト鳥海ホテルのお風呂は絶対お勧め!!
鳥海山は想像以上に大きく、雄大で懐の深い素晴らしい山だった
時間的には十分日帰り可能である事も分ったが、山頂での1泊は素晴らしい体験となった

鳥海山 鉾立ルート(前編)へ戻る