2010年3月28日 出羽丘陵南部BCスキー、同行者2人

3月最後の日曜日、山形県の湯殿山西部の山域をスキーで歩いてきました
行った先は、出羽丘陵南部にある1000m程度の名も無い山稜で、大越沢と言う沢伝いのブナ林の尾根を約3時間位かけてゆっくり登り、復路も同じコースを1時間位で下ったのですが、ここのブナ林は間隔が広く、おまけに前日の雪と寒気で歩きも滑りもフッカフカのパウダーで、BC初心者の私でも十分楽しめました

126985093019316109045_DSCF4703 [1]
なだらかな山頂にあった美しいブナの木
126985100285516228913_DSCF4674
仙台を7時に出発して山形道の脇にある駐車場に9時頃到着、早速スキーにシールを取り付け出発の準備
今回はテレマークの先生Wさんの案内で、我々生徒2人はついて行くだけの楽チンツアーです
126985099471016328501_DSCF4678
最初は降ったばかりの雪で、先頭はラッセルとなりました、私は最後で楽チン、すいません
126985098645116109122_DSCF4679
誰もいない谷を左側の尾根にトラバースします
126985097914616109045_DSCF4682
暫く急登が続き、もうすぐ尾根に出そう
126985096062216229012_DSCF4690
太くて素晴らしいブナ林です
126985095186016328299_DSCF4693
ブナの前で一休み
126985093694316328446_DSCF4702
127060454283516219902
登りつめると上はかなり広いなだらかな丘陵となっていました
126985094388116228913_DSCF4694
周りの山々
126985093019316109045_DSCF4703 [1]
一際大きなブナの木
126985092317216108768_DSCF4714
更に進むと、周囲の木が霧氷で包まれています
126985091196716109045_DSCF4715
この辺でお昼ご飯を食べて一休み
127060456324616427687
フカフカのパウダーなのに、何故か転びそうな自分??
127060455580016219720
何とか転ばずに降りてきました
今日の天気は時々日が差す程度の薄曇でしたが、まったく風が無く、3月後半とは思えない雪質で最高のBC日和でした、、
山形には、名も知られていない、こんなに素晴らしい山がきっと沢山あるのですね