2012年4月28-29 鳥海山笙ヶ岳&月山姥ヶ岳BCスキー・・・笙ヶ岳編

133657022304513131047_IMG_2437-15 [1]
笙ヶ岳山頂付近にて月山を遠望
後方には山形の美しい海岸線が見渡せた

5月連休初日、遂に長い間懸案となっていた鳥海山BCスキーに出かけた
今回は仙台在住時にお世話になったMfree 和田さんのツアーに参加させて貰ったのだった

晴天の中、背中に日本海を背負って登った笙ヶ岳からの景色は素晴らしかった
そして日本海に向かって誰も居ない大斜面を滑走する気分は一生忘れられない程気持ち良かった
こんなツアーなら、400Kmもの長距離を押してでも何度も来て見たいものだ

前日は仕事が終わったあと大宮を出発してロングドライブだったが
特に渋滞もなく約4時間程で仙台に到着、仙台市内のビジネスホテルに前泊した
久しぶりの仙台だったが遅い時間だから、駅そばの利休で牛タンを食べた
ここの牛タンとテールスープは何時食べても美味しい

当日の早朝4時過ぎに起きてチェックアウトすると外はまだ薄暗かった
市内から仙台西道路のトンネルを抜けた集合場所で約2年ぶりに和田さんと再会した
地元のメンバーとも合流して早速鳥海山へと向かう
仙台から山形道経由で鳥海山まで約3時間の道のりである
予報に反して宮城県は曇っていた
山形道に入って標高を上げると笹谷峠の長いトンネルを越えた辺りは深い霧に包まれていた
今日の天気が心配になってくる

133657052887313206015_IMG_0350-1
今年は例年になく残雪が多いとのこと
月山を過ぎて平地を走る頃
すっかり天気が良くなってきて、これから滑るスキーの話で盛り上がる
133657051848613131918_IMG_0352-2
庄内に入ると前方に大きな鳥海山が見えた

酒田の海岸線を走ると桜が満開だったのには驚いた
毎年来ている和田さんもこの時期桜が満開なのは初めてだと言う
133657050883413206011_IMG_0358-3
満開の桜に思わず気持ちも和む
133657047491713131663_IMG_0361-6
8時に開通するブルーラインのゲートには既に沢山の車が並んでいた
鳥海山の人気ぶりがうかがえる
133657046384413131889_IMG_0363-7
ブルーラインの雪の壁もまだ高い
133657045373413131892_DSCF7988-8
大平山荘駐車場に到着
ここから笙ヶ岳に登るのだが、和田さんが選んだのはあまり人の行かないコースだとか
133657044615813205136_DSCF7989-9
登り始めて振り返ると大平山荘が見える
133657042556013205143_DSCF8001-11
どんどん高度を上げると日本海の海岸線が美しくて何度も振り返った
133657039966013205933_IMG_2425-12
全員で記念撮影
他には誰も居ないのが不思議なくらいだ
133657038679113131918_IMG_2426-13
日本海を背にして急登するメンバー
133657037536513205143_IMG_2434-14
前方には大好きな青空が広がっている
これこそ自分が何時も求めている本当の空だ
この空に向かって歩けただけでも幸せな気持ちになれた
133657022304513131047_IMG_2437-15 [1]
頂上付近に登ると遠くに月山や朝日連峰が見えた
それぞれ思い出のある山々だから、こうして見ていると感慨深いものがある
133657020788213130976_IMG_2441-16
本山をバックに笙ヶ岳頂上で記念撮影
133657016511913205144_IMG_0383-20
月山
133657013259513204975_IMG_2443-21
雪に覆われた鳥海山はとても美しかった
2009年夏に登って以来だから3年ぶりである・・・2009年の鳥海山登頂記事はこちら
あの時も晴天に恵まれて鳥海山のスケールの大きさや花の多さにとても驚かされたが
白い雪に輝く鳥海山も素晴らしい

133657011994213205144_IMG_2449-22
昼食の後、広大な斜面を滑り始める
133657009372713131024_IMG_2482-24
目の前の日本海に飛び込む様に滑る
133657007922113131486_IMG_2485-25
誰も居ない大斜面をゆったり滑る
133656998589913205136_IMG_2579-32
暑くてアンダーウエア1枚になった
風を切って滑る時、全ての事を忘れて自分の世界に入ってしまう
133657005331113131024_IMG_2489-27
自然と一体になって時間を忘れる瞬間だった
133656989160513131047_IMG_2585-34
沢山滑って大きな山をトラバースすると終点も近い

今回の参加メンバーは私以外は仙台や岩手など、東北の方々ばかりだった
へたくそな私と一緒に素晴らしいツアーを盛りたててくれた参加メンバーに感謝したい
和田さんを始め、このメンバーと何時かまた再会できる事を楽しみにしたいと思う
大変お世話になりました

明日は月山BCツアーの予定だ
これもまた楽しみだった

月山姥ヶ岳編に続く