2008年8月16日 雨の北泉ヶ岳登山、同行者1人(Tさん)

今日は船形山に登るつもりで登山口の降旗キャンプ場に6時に到着
天気予報では曇りだったが、結構な雨が降っていた。
暫く車の中で躊躇していたが、道程が長い事や初めてだし道迷いも
懸念される為、中止を決定。
このまま帰るのも残念なので、未舗装の林道を泉ヶ岳方面に走って
桑沼を見て帰る事にしたのだが・・・・
林道はわだちが大きく車の底を擦りながらも無事桑沼の駐車場に到着
雨の早朝なので誰もいないと思いきや・・・・
何とTさんが北泉ヶ岳に登ろうとして支度中ではありませんか~~
直ぐに一緒に登ろうという事になり、いざ出発。。。

126577604467616215107_DSCF1013.JPG

本日のコースは、
桑沼7:00→北泉ヶ岳8:30→大倉山→氾濫が原10:30→林道→桑沼11:30

126577609826316114284_DSCF1009.JPG
北泉ヶ岳へのコースは見事なぶなの原生林で大雨にも関わらず雨具なしでも濡れません

126577624990316316951_DSCF1015.JPG
下界から見るととても立派な姿なんですが山頂はとても狭くて視界もなし、アブが沢山飛んでいるので早々に下山開始します。

126577633862916215146_DSCF1018.JPG
途中、可愛いリンドウの様な花がひっそり咲いていました

126577638683516427700_DSCF1023.JPG
氾濫が原は、桑沼と地下で繋がっていて、増水と共に氾濫すると言われています
深い渓谷になっていて、夏なのに時折すごく冷たい冷気が流れてきて正に縄文の森というに相応しい場所でした。
一人で歩くには寂しいところです。。。。

今回知人に遭遇ということもあり、急遽予定変更して同行となったが、本来は良くない行為と少し反省。
でもこれ以降、Tさんとはお互いの山行話をしたり、スプリングバレーで度々会うことになるのでした。。。