2012年1月14日 金時山

132681037617813106745_IMG_00011-15
霧氷が美しい金時山にて

娘が山に登ってみたいというので、急遽一緒に金時山に登ることになった
数日前、山に登ってみたいと言う娘に対して
「初めて山に登るなら金時山がいい
何しろ1時間強で簡単に登れるし、
今の時期なら空気が澄んでいて目の前に富士山が聳え、
切り立った大岩からは、眼下に箱根全体が見渡せる絶景が待っている」
と言ったのは良かったのだが、、、

しかし考えてみれば、
金時山の標高は1200m余で決して低山ではなく、
しかも今は1月、寒の盛りだし・・・

流石に、初めての登山をこの厳冬期の1月にさせる事はないと考え直して
今回は止めて桜が咲く4月頃にしようかと悩んだ末、
最終的には防寒対策をしっかりして出かける事になったのだった

まあ、厳しそうなら途中で戻ってくればいい
当日は晴天の予報だったので、
素晴らしい展望を期待していたのだが、
残念ながら頂上付近は雲に覆われて雪が舞う程に寒く、
道も凍てついていてちょっぴり厳しい山行となってしまった

山頂では絶景の代わりに
真っ白になった美しい霧氷が見られたのがせめてもの救いだろうか

朝8時出発という異例に遅い時間に自宅を出発したので
箱根の金時山登山口に到着した頃には無料駐車場は満車だった
(カメラを持って来なかったので、今回の写真は全て携帯電話のカメラにて撮影)
132681049446213224254_IMG_00025-2
無料駐車場
ここにはトイレもあって、なかなか便利だ

仕方がないので目の前の有料駐車場に止めて料金を支払おうとしていたら
無料駐車場から1台出て行った、、、
ラッキー!とばかりに移動させてもらった
132681048521513223913_IMG_00024-3
公時神社
お参りしてから出発する
132681047698413106744_IMG_00023-4
杉の林を登り始めた
132681046835313223605_IMG_00022-5
金時宿り石の前で小休止
132681045061313106749_IMG_00020-7
途中から道には薄っすらと雪があった
ところどころ霜柱を踏みながら登った
132681043164513223607_IMG_00018-9
上を見ると頂上付近は霧氷で真っ白だ
132681040992613106291_IMG_00016-11
頂上に近づくと雪も降り始めた
132681038461313223607_IMG_00012-14
最後の急坂は凍っている

この辺りで10人程の団体さんと一緒になった
急な坂はかなり滑るので、団体さんに道を譲って一歩ずつ慎重に登った
132681036814313106746_IMG_00010-16
頂上の霧氷は綺麗だった
132681033104113223605_IMG_00006-20
こんな天気でも多くの人で賑やかだ

ベンチでラーメンを作って食べた
寒い中だからとっても美味しくて、
二人ともスープまで全部飲んでしまった
食べている内に次第に雪も激しくなったので、早々に下山する
132681032293713223606_IMG_00004-21
千石原、芦ノ湖方面
132681031428313223605_IMG_00003-22
大涌谷方面

頂上の小屋で娘の登山靴に縄を縛りつけてもらい滑り止めにした
それでも道は凍っていたから、登りと同じ位時間をかけて慎重に下った

娘は、登りより下りの方がずっと大変だったそうだ
初めての雪の中の山登りや頂上で食べた熱いラーメン、頂上での霧氷など
普通の登山では味わえない経験となったのではないだろうか

これを機に自然に接する機会が増えると良いのだが
今度は花の咲く山を案内してあげたいと思う