2015年9月30日 御岳山&大岳山(奥多摩)
大岳山の頂上からは富士山を中心に丹沢山、秩父山塊の山並みが重なって見えた

大岳山の頂上からは富士山を中心に丹沢山、秩父山塊の山並みが重なって見えた

139-10_R
細君の足のリハビリを兼ねてテニス仲間と一緒に平日の御岳山へ登った。
御岳山はケーブルカーを使うと直ぐに頂上の御嶽神社へ着いてしまうが、その先の大岳山へ向う途中には清流が流れていて自然林が美しく、七代ノ滝やロックガーデンなどの見どころもあり中々楽しいトレッキングコースが続いていた。最短コースのみを使って七代ノ滝、ロックガーデンをパスしてしまうと何の変哲もないつまらない山歩きとなってしまうだろう。
御岳山からは東京湾やスカイツリーのほか遠くには筑波山まで見え、大岳山の頂上(1267m)からは相模湾の江の島、富士山や丹沢を始め秩父山塊の山々が間近に見られて展望は良い。
標高差は約460m、往復で10Km以上あってちょっとした山歩きが楽しめる良いコースである。

DSCF5055-4_R

滝本駅からロープウエイに乗る

DSCF5059-8_R

約6分で御嶽山駅に到着した

DSCF5061-9_R

御嶽山駅の展望台からは都内の向こうに筑波山が見えた

DSCF5062-10_R

南東の方角を良く見ると微かにスカイツリーが確認出来た

DSCF5063-11_R

御嶽山神社の参道へ向かう

DSCF5065-13_R

周辺には可愛いピンクの花が沢山咲いていた

DSCF5066-14_R

直ぐに御嶽山神社に到着

DSCF5069-17_R

長尾平に寄ると目の前には日の出山が見えた

DSCF5070-18_R

遠くに光っているのは東京湾だろうか、だとするとその向こうに見えるのは房総半島という事になる
今日は天気が良くてかなり遠くまで見渡せる

DSCF5073-20_R

長尾平入口から左へと進路をとると、直ぐに杉の植林の急勾配を下り始める

DSCF5082-29_R

暫く下降するとやがて七代ノ滝が現れた
落差は大してないが、水量も豊富な綺麗な滝だ

DSCF5083-30_R

滝の左岸を今度は階段の急登となる

DSCF5087-34_R

天狗岩に着き私とT子さんが登ってみると上には祠が祭られていた
他の人は登る気配が無く下で見ている

DSCF5088-35_R

花の時期は既に終わっていたが時折花を見つけては足を止めてみる

DSCF5089-36_R

細いが綺麗な清流の路を進んだ

DSCF5099-43_R

やがて清流周りには美しいカエデやカツラの自然林となり、木漏れ日が眩しかった

DSCF5103-47_R

時折こんな大岩が出現した

DSCF5105-49_R

徐々に登りがきつくなるが綺麗な道が続くので飽きない

DSCF5108-52_R

カツラの大木の前で

DSCF5111-55_R

綾広の滝に到着

DSCF5117-60_R

ロックガーデンを過ぎると大岳山と御嶽神社への戻り道との分岐に出た

DSCF5119-62_R

暫く石がごろごろしている道を進むと大岳山山荘跡に到着

しかし山荘前の展望台は立ち入り禁止となっていた
右側端の綺麗な山は大山、相模湾に江の島が薄らと見えた

DSCF5125-64_R

江の島をズームしてみた

DSCF5129-68_R

山荘前で昼食を食べた後、やはり私とT子さんだけ大岳山山頂へ行く事になったが、あとのメンバーはそのまま帰路に着くらしい

大岳山の頂上への路は急な大岩のゴーロで登るのは結構大変だったが、約12分程度で山頂に着いた
DSCF5133-72_R

こちらは奥秩父の山々だろうか

DSCF5136-74_R

大岳山の頂上では多くの人が昼食を食べたり景色を楽しんでいる

我々も山頂でひと時景色を楽しんだ後、他のメンバーを追って下山を開始した

DSCF5142-78_R

大岳山からの下山途中、日の出山とその向こうに広がる東京都の街並みが良く見えた

DSCF5145-81_R

比較的平坦な帰り道を暫く進むと天狗の腰掛けと書かれた大きな杉の木に到着

DSCF5148-84_R

道なりに歩くと御嶽山ロープウエイ付近まで戻ってきた

DSCF5149-85_R

道端に咲いていた可愛い黄色の花

DSCF5151-87_R

帰りのロープウエイに乗車するとあっと言う間に滝本駅だ

車窓から遠くに都内のビル群が見えた

139-10_R
御岳山
<ルート地図>
御岳山Root2_R