2018年2月3日 根子岳 BCスキー

根子岳山頂に着くと、太陽に届きそうなモンスターが出迎えてくれた。

今年は例年になく日本海側に大雪が降った事もあって新雪を滑りたいと思い、峰の原の望月さん主催の根子岳BCツアーに参加させて貰った。

前日に根子岳山麓で初滑りをしてみるとやはりぎこちなく早くゲレンデで練習すればよかったと思いながらも次第に感触を思い出すことが出来た。

その夜はペンションに泊まり、翌日起きてみると朝日が眩しくて晴天を予感させてくれる。

期待に胸を弾ませながら準備をしてペンションを後にした・・・・

139-04

意外にも雪の量は例年通りか少し少ない感じだ。

大雪が降ったのはアルプスより日本海側だった様で長野南部ではそれほどではなかったらしい。

ペンションの前で準備をしていると次第にツアーに参加するメンバーが集合してきた。

今回のツアーは根子岳山頂から北側の斜面へと滑り込んで峰の原の南側にあるゴルフ場へと下るので比較的長く登り返しもある為、山頂まではキャットを使って時間を稼ぐという。

ダボススキー場トップにあるキャット乗り場前で準備をする。

根子岳の山頂付近には雲がかかり始めていたが概ね天気は良さそうだ。

既に2台のキャットは満員だそうだ。チケットを予め購入しているので問題ないのだがその人気ぶりに驚いた。

キャットに乗るのは初めてだった。

歩いて登ると2~3時間位かかるが、流石にあっという間に山頂付近に到着する。

山頂直下に荷物をデポして取りあえず山頂まで歩いていく事にする。

久しぶりの根子岳山頂。

白根山方面の連山が良く見える。

目の前にはどっしりとした四阿山が見えた。向こう側には浅間山があるはずだが陰で見えない。

スキーをデポしたところへ戻ると我々以外にも数人の人たちがスキーを履いて滑る準備を始めていた。

こちらはスキー場側。この方向へ下るとキャットの通り道を通ってあっという間にスキー場へ戻ってしまう。

圧雪に近いのでゲレンデの延長の感触で滑られる。アルペンスキー客の人たちはこちらへ下って行く。

我々も準備をして出発。

こちらは妙高、斑尾方面だが山頂は厚い雲に隠れていた。

でっぷりしたモンスターに朝日が当たって綺麗だった。

雪はそれほど多くないが、表面に柔らかい新雪が積もっていて最高に気持ちがいい。

順番に滑りながら楽しい時間が流れていく。

途中、登り返して色々なコースを滑る事が出来た。

北側の林間の斜面は程よく日陰が出来ていて雪質が落ちないので午後になっても快適な滑りが出来た。

こんな素晴らしい斜面だが、ほとんど滑っている人はおらず貸し切り状態だった。

参加メンバーで私が最も下手くそだったが、それでも十分楽しむ事が出来た。

峰の原のゲレンデ上部まで来ると、アイスキャンディーの登攀練習場に出くわした。

有名な八ヶ岳のそれに比べるとやや小さいが練習には十分だろう。

なかなか面白そうなので何時かためしてみたいと思うのだが、果たして登れるだろうか。

139-04

今回はルートデータはありません。